日常業務の主な流れ

実際の日常業務は、概ね下記のような流れになります。

  1.  スキャナーで図面をPCへ取り込み

PCに設定済みのプログラムで自動送受信

2. 弊社で受け取り、作図後、データ送信(作業状況は、逐次、WEB工程管理に反映されます。)

3 .お客様のPCの指定したフォルダへ自動受信

お客様で、行う作業は、主に1のみです。3のフォルダへ、できあがり次第、逐次ファイルが送られてきますので、

お客様のネットワークで、フォルダ共有して、使用ください。

 

データ支給等がある場合も、予めお客様の送受信用のPCに、

転送用フォルダを設け、そこにコピペするだけで、ベトナムへ自動転送されるような仕組みもあります。

 

問合せ時の対応例:

問合せが発生した場合は、弊社からお客様に問い合わせ内容を記載した図面を送信します。or IP電話

問い合わせ図は、お客様のプリンターへ自動印刷されます。

これら業務の流れは、工程管理画面にて、日越双方でリアルタイムに把握できます。

(データ受け取り・着手・完了・問合せの概要)

メールは、業務効率が非常に悪くなるので、基本的には、使用しておりません。