正直ベトナム人ってどうなの?

2004年4月より、会社を設立して、述べ数百人のスタッフやローカル取引先と仕事で係わりましたが、日本やベトナム進出コンサル等で言われている程、皆が勤勉でも真面目でもありません。言われている程、国民全体が真面目で勤勉で、よく仕事をするなら、今以上に経済発展しています。

個人的な感想ですが、全体的には、いたって南方系です。真面目なスタッフも確かにいますが、下は、日本での常識外です。日本語検定1級とか、有名大卒、日本の大学を卒業、日本への留学、学歴とか全く関係なしです。そもそも、履歴書や経歴書を正直に書かない人もいます。証明書の偽造も残念ながら多々あります。日本の国立大学、卒業、出身とあっても、実際は、授業にも出てない、研究生や、研修生だったり、退学していたりしている場合も多々あります。(中退や、研究生でも、履歴書に卒業とある人も、普通にいます) この辺りは、日本人が勝手に美化して、思い込んでいるのも悪いと思いますが・・・・

まあそれも含めて、文化の違いかもしれませんが・・・。一般的に有能な学生の就職先がまだ少ないので、日本と比較して、弊社のような零細企業でも有能なスタッフの採用は可能です。仕事で優秀かどうかは、別問題ですが・・・。まあどこの国でもそうですが、ステレオタイプの人は、殆どいません。弊社では、入社時に適正テストをし、さらに試用期間中にもテストで選ばれたスタッフのみ採用しております。採用後も不適格者には、退職勧告、契約の更新のストップ等、適時採用をしております。

またあまり過度な期待や思い込みは無用です。時々、弊社への訪問客の人で、偶々知り合ったベトナム人(実習生・学生)が優秀なので、”ベトナム人は勤勉で優秀”と、大きく勘違いされている方もいらっしゃいますが、こういった考えは、正直危険です。有能であっても、仕事で優秀かどうかは、別問題です。社風に会わない等いろいろありますので、弊社や、在ベトナムの日系企業、商工会、JETRO等、ローカル系、色々と実際に訪問され、肌で感じることを強くお勧めします。本当に優秀な人財は、ベトナムでも希少です。作業ができるだけで、本当の意味で仕事ができる人は、まだまだ少ないです。(実務経験が足りないだけかもしれないので、これから改善するかもしれませんが・・・)